受験生の勉強方法

受験生の勉強方法のコツを公開!

当サイトでは中学生や高校生、あるいは難関国家資格に挑んでいる社会人のかたを対象に、「受験生の勉強方法」というテーマで効率的な学習法を解説しています。

高校や大学入試試験、あるいは資格試験は、自分が努力して培ってきた「成果」を試す、決戦場です。試験に合格するためには絶対に努力が欠かせませんが、その努力の方向が合っているか?それが肝心です。

1日5時間とか7時間、猛勉強していたとしても、空回りして全然、記憶も理解も進まなければ、それは試験の合格には結びつきません。努力が実を結ぶためには、正しく効率的な「受験生の勉強方法」をまず知ることが必須になります。当サイトには、その秘訣が満載です。
 

試験で合格するには、基礎力と応用力が大事

高校受験や大学受験もそうですし、難関国家資格、検定試験、TOEFL、TOEICなどもそうですが、基本の上に応用力をつけていくことが大切です。ピラミッド方式で積み上げていくことにより、第一志望校に合格する確率が高まります。何としても取得したい資格の試験も、より確実に突破できることでしょう。

ピラミッドの土台にあたる部分が、基礎力です。この部分がおろそかになっていると、過去問が解けなかったり、模試でなかなかA,B判定を取れずに、C,D,E判定ばかりということに。(もちろん模擬試験だけでは合格の可能性はわかりませんが・・・)

多くの人がやりがちな間違いとして、基礎力が不十分なのに、気持ちだけがあせって過去問ばかりを解いていることです。これは、受験生の勉強方法としては正しくありません。土台がもろく、地盤がゆるいので、すぐに過去の問題集が解けなくなり、行き詰ってしまうのです。

受験勉強は早めに計画を立てる

試験を突破できる基礎力というものは、そう簡単に身に付くものではありません。
やはり長い年月を要します。大学受験を目指すなら、高1からしっかりと基本を積み上げる必要があります。とくに英語と数学はそうです。

もっといえば中学生の最初から、基本を積み上げてこそ、ゆるぎない基礎力の土台が出来上がります。もしも高校生で、なかなか学校の勉強についていけないという場合は、夏休みや冬休み、春休みなど長期休暇を利用して、一度、中学校の勉強からおさらいしてみてはいかがでしょうか?

早めに受験計画を立てていれば、ゆっくりと基礎力を熟成させていくことができます。そうすれば、試験前になってあわてて受験勉強を始める必要もなくなります。高2の終わりくらいまでに、すべての教科書を学び終えて、高3には、とことん模試や過去問で実践力を養成していくと、志望校の合格がより確実になります。受験生の勉強方法としてオススメです。

高3では、教科書などの基本は軽く確認するだけにとどめ、実践練習だけに集中できるので、かなり気が楽になります。このように、早めに始動したほうが落ち着いて攻略できるというのは、スポーツでも受験でもいっしょではないでしょうか。

試験勉強ではストレスをためないように工夫する

高校受験や大学センター試験を目指す、受験生の勉強方法というと、どうしても、それだけにドップリと浸かりがちです。しかし、それは誤りです。

受験期間中だからこそ、運動や趣味にも没頭すべきです。
受験だからといって、それらから遠ざかったりすれば、かえってストレスがたまらないでしょうか?

いくら受験に忙しくたって、連続で8時間も9時間も勉強するわけではありません。気分転換や休憩もはさむでしょう。そのときに運動したり、趣味で気分をリフレッシュすればよいのです。受験期間中だからこそ、「短時間でできるストレス解消法」を自分で見つける必要があります。

とくに運動はお勧めです。有酸素運動は脳を活性化し、海馬を刺激して記憶力を高めてくれます。また好きな音楽を聴いたり、テレビを観たりすることもいいと思います。ただ、だらだらと時間を過ごさなければいいのです。時間を決めて、休憩時間に趣味を楽しめば、それは勉強のやる気や集中力を維持する「滋養」となります。

ストレスがたまると、記憶力や集中力が減退することがわかっています。
そうならないために適度に休憩をはさんだり、ときには丸一日何もしない日があってもいいと思いますよ。

当サイトのコンテンツが、受験生や独立を目指す社会人のかたのお役に立てれば幸いです。



■受験生の勉強方法の説明マニュアル
>> 勉強の説明書〜【合格保証付】2時間で正しい勉強法を身につける


■スイスイ英単語や歴史の年号を記憶できる秘訣とは?
>> 記憶術日本一の藤本憲幸氏が教える記憶術の極意! <<

後書き

受験生の勉強方法で気になるのは、やはり勉強時間でしょう。合格体験記などを読むと、10時間勉強したとか13時間頑張ったという人がいます。しかし、これをそのまま真似ることは、まったくのナンセンスです。勉強の質が高い人は、少ない時間でいいでしょうし、質が低いなと感じれば、時間を延ばす必要があります。学習時間とともに気になるものが、受験生の睡眠時間です。一体どのくらい眠ればよいのか、です。これに関しては、最低でも6時間は眠れば、記憶に定着するといわれていますね。
そのほか受験生の食事や夜食はどうするのか?これも気になるところです。ですが睡眠をしっかり取ろうと思えば、夜食は取らないほうがいいです。食べてから4時間もたたないうちに眠ると、消化にいそがしくなってしまい、眠りが浅くなります。では食事と勉強の関係はどうでしょうか?あまり満腹になるまで食べないほうがいいかもしれません。なぜなら空腹のほうが集中力がアップしますし、記憶しやすくなるからです。食事前の勉強は最適です。
ネットで検索すると、受験生を励ます言葉とか名言、格言、応援メッセージ、ブログ、応援グッズ、応援ソング、プレゼント、待ち受けなどを探している人が多いですね。それだけ孤独な戦いを強いられているということです。ストレスがたまりがちなわけです。東進ハイスクールや代々木ゼミナール、河合塾、駿台などの受験予備校や、有名といわれる進学塾に行かないなら、自己管理能力は必須です。つまり自分のやる気を制御して、毎日勉強をつづける根気ですね。
受験が近くなってくると、だんだん寒くなってきます。11月や12月、そして1月ですね。そういうときは、暖房をガンガンたいたりしますが、それは控えたほうがいいかもしれません。暖かくなると脳が「安心」してしまい、記憶力が低下します。それよりは頭寒足熱で、足もとだけを温め、あとは少し寒めのほうが、扁桃体が危機意識をもつので、記憶力や集中力が高まります。
受験生で恋をしている人もいますが、上手にコントロールすればストレスの発散にもなります。しかし、それはかなり困難でしょう。受験期間中に恋愛をすると、前頭葉のワーキングメモリがそのことだけで占拠されてしまいます。すると記憶力が減退し、勉強どころではなくなります。
そのほか受験生にとっては、勉強方法だけではなく周辺の手配も必須です。試験を受けるためにビジネスホテルなどの宿泊施設を調べたり、予約したりといったことです。そのあたりは親や家族の協力をあおぎましょう。
東大や京大、慶大、早大、同志社、一橋、立教、関学、青山学院、中央など、一流大学を目指している人は、それ相応の「受験生の勉強方法」が必要です。周到に練られた計画を実行に移し、確実に本番の試験に通用する「実践力」をつけていくことに尽きます。そのためにはオープンキャンパスや説明会に積極的に参加し、モチベーションを高めることが、やる気の持続につながります。