英語 リスニング教材

英語のリスニング教材を賢く使おう!

英語のリスニングが苦手という日本人は多いものです。
それは日本の学校教育では、英文法や英単語の暗記、長文読解に重点を置いているために、どうしても苦手意識が芽生えてしまうのでしょう。

そこで英語のリスニング教材として、NHKの無料講座がありますし、ネットで検索すればyoutubeの動画で、多くのネイティブの発音に触れることもできます。アイフォンなどのスマホや携帯があれば、いつでもどこでも英語のヒアリングの訓練ができますし、そういったアプリやソフトも出ています。一昔前よりも、ずいぶんと恵まれた環境になってきました。

大学センター試験の英語でもリスニングがありますし、英検(英語検定)やTOEIC(トイック)、TOEFL(トフル)でも必須の技能となります。

最近では海外旅行に行く機会も増えてきましたから、ますます英会話やリスニングの能力が重宝する時代になっています。なによりも、映画を字幕なしで理解できるなんて、すごくカッコイイですよね?

この夢を実現するためには、独学でNHKの無料講座を受けるよりも、ノウハウが確立された「有料のシステム」を利用したほうが、短期間でマスターできると思います。


>> 英語バイリンガル育成プログラム「リスニングパワー」

英語のリスニングの訓練法とは?

英語のリスニング教材では、さまざまなトレーニング方法が推奨されています。
近間の英会話学校に行ったり、留学やホームステイをする方法も有効ですが、手間と時間とお金がかかります。自宅で、独学で行う方法としては、たとえば以下のようなものがあります。

  • 長時間耳を傾ける
  • 英語を聴いてから日本語訳を聴く
  • ディクテーション
  • リピーティング(シャドーイングなど)

まず英語のリスニングのトレーニングとして、よく推奨されているのが、英語の音声をたくさん、シャワーのように浴びるという方法ですね。この方法は浪人生や主婦、フリーターのかたなど、時間に比較的余裕がある場合にオススメできる方法です。

社会人のかたでも通勤中にスマホなどで聴くことも可能です。とにかく本物の英語の音声に、シャワーを浴びるように多く接するのです。英語には英語特有のリズムと周波数があります。それを感知するには、しつこいぐらい接する以外にありません。

理論的に発音がどうとか、舌の形がどうとか、そういった学習法は左脳をつかったやり方です。そうではなく、リズムで感得するこの方法は、右脳学習法といえます。

外国の子供も、毎日ずっと英語を聴いているうちに、しぜんとマスターしていくわけです。(もちろん年代的に、脳が言語を習得しやすいという理由もありますが・・・)

英語のリスニングの教材に関しては、別に有料のものでなくても、無料のものや洋楽でいいと思います。イングリッシュアドベンチャーなんかも面白そうですね。よく宣伝されているスピードラーニングという方法もあります。これは英語→和訳という順序で、日常で遭遇する英会話がテンポよく流れていきます。その理論の是非は置いておいて、ヒアリングの訓練の初歩としては有効だと思います。

英語のリスニング力を急速に高める方法

英語のリスニングの力を、一気に引き上げる方法がディクテーションといわれるものです。
これは英文を聴いたら、それを紙やノートに書き取っていく英語学習法です。通訳になる人が、よく行なっています。最初は穴だらけで、なかなかすべてを聴き取れないものですが、やっていくうちにだんだんと時間が短縮されていきます。

書き取ろうとするために、最大限の集中力でもって英文を聴き取ろうとします。ですから集中力アップの訓練、脳トレとしても効果的な方法になります。長時間つづけるのではなく、30分だけやるなど時間を決めて行いましょう。かなりの集中力を要求されるので、疲労も大きくなります。

高校受験や大学受験、あるいは英検の合格を目指している人は1日1回、短時間でもよいので、ディクテーションによって英語耳をつくる訓練を習慣づけてみてはいかがでしょうか?そこで培われた集中力は、ほかの教科の学習にも役立つはずです。

ディクテーションはワーキングメモリを使いながら行う勉強法ですが、感覚記憶レベルの訓練法もあります。それはリピーティングです。聴覚野の耳朶にまだ音が残っているうちに、そっくりそのまま繰り返す方法が、リピーティングのなかでもシャドーイングと呼ばれる訓練法です。その名のごとく、影が沿うように、すぐに追うようにして真似て発声します。感覚記憶は5秒ほど持続するといわれています。思考する前に、そっくりそのまま口に出す訓練です。

見本の音声が脳に残っているうちに繰り返し発生するので、聴き取り能力の向上とともに、正しい発音の習得にも役立ちます。これは、左脳のウェルニッケ野とブローカ野の活性化にもつながっていきます。


>> 英語バイリンガル育成プログラム「リスニングパワー」

後書き

ネットで検索すると英語のリスニング教材の比較とかランキング、おすすめサイトなどがあります。巷には、いろいろな理論に則った本や学習教材であふれているので、どれを選んでいいのか迷っている証拠ですね。でもけっきょくは、どの教材であってもいいわけです。ラジオのニュースとか、本に付属しているCD、youtubeの動画、MP3の音楽の曲などで、聴き取り能力をアップさせることができます。要は英語の理論や教材ではなく、ネイティブがしゃべっている音声の聴き取りを毎日続けること、これが大事だといえます。今日からすぐ始めること、そしてあきらめずに続けることですね。
ベネッセの進研模試や郊外模試でも英語のヒアリングが出題されます。リスニング専用の問題集もありますが、固いことは考えずに何でもよいので「長時間」音に接するという姿勢が大切ではないでしょうか?問題集や参考書というと「文字」が介在してきますが、そうなると左脳が介入してきます。できるだけ英語のヒアリングは右脳を使った方がいいように思います。つまりひたすら聴いて、リズムをつかむことです。周波数に慣れることです。
最近では幼稚園とか小学生の年代から、リスニングに力を入れている学校もあったりします。しかし、これはどうかと思います。日本語さえまだ定着していないのに、外国語の習得に力を入れるのは、本末転倒のような気がするのです。やはり幼少期は国語である「日本語」の習得に全力を挙げる。その意味では早くても小学校高学年からでいいのではないでしょうか。中学生からでも十分だと思います。当サイトでは英語のリスニング教材をご紹介しているので、よければ参考にされてください。独学でやるよりは、マスターまでの道のりをショートカットできますよ。

>>英語ビギナーが英会話スクールに行かないでも3ヶ月後に英語上達を実感する勉強法