勉強 ストレス

勉強でストレスがたまるのはなぜ?

勉強は、どうしてもストレスがたまりがちです。それは、ある意味、仕方のないことと言えます。
ダイエットが楽に達成できないことと同じですね。何事でも目標を完遂しようと思えば、大なり小なりストレスを受けたり、思ったように進まないものです。

資格試験や受験勉強でストレスがかかるという場合、どのような原因が考えられるでしょうか?
完全にストレスをなくすことはできないにしても、「過度な」ストレスを、「適度な」ストレスにする方法はあるはずです。そこで、なぜ「過度に」感じてしまうのか?を考えてみたいと思います。

  • 目的が明確になっていない
  • 勉強自体に面白みを感じていない
  • 得意科目が一つもない
  • 1回の勉強時間が長すぎる
  • 効果的に休憩をとっていない
  • 運動不足、睡眠不足になっている

探せばもっとあるかもしれません。しかし勉強にストレスを感じるという場合、だいだい上記のような理由によるのではないでしょうか?そのほか、何か気になることがあり、それが原因で、どうしても受験勉強が手につかないというケースもあります。その場合は、その悩みの解決に努力するのは当然ですが、どうしてもすぐには打開できないことがあります。

そういったときは、たとえば10分間だけ、その悩みのことを考え抜くと決めます。そして10分が経過したら、スパっとそのことを頭から追い出して、勉強の方に集中すればよいのです。そして、また頭をよぎってきたら、10分だけ考え抜き・・・というように時間を決めて考えてみてはいかがでしょうか?

まずは目標を明確に定めよう!

勉強がストレスになるという場合、自分のなかで、「なんのために受験勉強をしているのか?」という部分を落とし込めていないことが大きな原因です。「何としても医学部に入ってやる!」という意気込みで臨んでいる人は、日々の勉強でストレスを感じても、それに負けずに頑張れるのではないでしょうか?

この場合は、目標が定まっていてモチベーションが高いために、ストレス自体が減少し、しかもストレス耐性が高まっているわけです。反対に、周りのみんなが勉強してるからとか、親がいうから学習しているというレベルでは、ストレスが増大し、しかもストレス耐性が低下してしまいます。ストレスをまともに受けてしまうのです。そうなると、やる気が低下したり、体調不良という目に見える形に現れてくるわけです。

とくに受験勉強の目標が決まっていない場合は、自分自身で、細切れに目標を設定するとよいでしょう。たとえば、今日はこの範囲を頑張ると決めたら、必ずそれを達成するようにします。そうすれば達成感というか充実感を味わうことができます。それを味わうことを目標にすればいいのです。

このとき重要なことは、絶対に達成できるような簡単なノルマにすることです。達成困難な課題を自分に課してしまうと、三日坊主になってしまうし、余計にストレスが増してしまいます。

勉強に面白みを感じること

勉強にストレスを感じる人は、勉強自体が嫌いという人が多いのではないでしょうか?あなたはどうでしょうか?嫌いなものに向き合っていれば、ストレスがたまっても当然といえますよね?

そこから導き出される勉強のストレス解消法は簡単で、勉強を好きになっていけばいいのです。勉強の内容自体に面白みを感じられない人は、前述したように達成できるノルマを達成することで、喜びを見出してもいいと思います。

でも、できることなら勉強自体が好きになれば、ストレスは、もっと減少するはずです。少なくとも今よりは・・・。

そのための秘策としてお勧めしたいのが、できるだけ勉強の回数を増やす戦略です。たとえば1回の勉強時間を2時間にするよりも、1日のなかに振り分けて、15分の勉強を8回するのです。

人は接触回数の多いものに好感を持つ動物です。これをザイオン効果といいます。たとえば学校で毎日、同じクラスで顔を合わせているから、友達と仲良くなるということがあります。またテレビコマーシャルは、何回も目にするからこそ、その商品にたいして親近感がわいたりします。そして結果として、商品を買ってみようか、ということになるわけです。このように人は、多く接するものにたいして親近感を覚えます。これを勉強に応用するわけです。

また勉強にストレスを感じるという人は、勉強の内容にも面白みを感じる努力をしてみましょう。予習よりも復習に重点をおくことによって、勉強が理解でき、「わかって」きます。すると勉強が面白くなってくるものです。面白いと感じているときは、脳内でドーパミンが分泌されています。そうなればストレスは感じないはずです。

得意科目を作ってしまうことも効果的です。勉強を開始するときは、まずは得意科目から始めます。そうして気分が乗ってきたら、苦手な科目にも挑戦すればいいのです。また、一つ好きな教科があるだけで、ほかの教科までが面白くなるという「特恵効果」も期待できます。

休憩をうまく取ろう

勉強にストレスを強く感じるという場合、たんに休憩時間が少ないということがあります。食事や風呂、睡眠、わずかな運動、それ以外はすべて受験勉強・・・これではストレスが蓄積しても当然です。やりすぎです。

人の集中力は、もっても90分程度です。1時間をすぎたら、だんだん注意力が散漫になるのではないでしょうか?それがふつうなのに、連続して2時間や3時間頑張る。これでは脳と体がまいってしまい、ストレスを感じてしまいます。

なので休憩時間の頻度が少ない人は、1時間おきぐらいに休憩を取るようにしましょう
もしそれでもストレスが軽減されないのなら、1回の休憩時間を長くすることが有効です。10分で疲れがとれなければ、30分や1時間にしてみるということです。

休憩の内容は、漫画や雑誌を読んだり、テレビやゲームをして遊ぶことでもいいですが、居眠りも有効です。そのときに脳内で、直前に勉強したことを整理できるからです。また睡眠不足の解消にもなります。それとともに音楽を聴いたり、外の景色を眺めたり、ストレッチや運動などの「積極的休息」も効果的。

机の前でじっとして勉強に集中していると、どうしても筋肉や骨の周囲が凝り固まってきて血行が悪くなりがちです。そうなると全身や脳に酸素や栄養素が、あまり行かなくなってしまいます。身体的な面からストレスが蓄積するわけです。ですから10分程度の居眠りで気分転換を図るとともに、ストレッチや運動などで体の緊張もほぐしてやりましょう。

睡眠をしっかり取ろう!

勉強にストレスを感じているという人は、十分な睡眠がとれていないケースがあったりします。睡眠時間を削ってまで受験勉強に精を出すことは、逆効果になりかねません。

人は睡眠をとることによって、精神的な疲れを取り、肉体的な修復をし、また脳内にたまった情報を整理・定着させています。眠りが浅くなると、体に疲労が残り、記憶の整理が不十分になります。なので、寝る直前は食べずに、4時間は空けて寝るようにしましょう。寝る直前の激しい運動もタブーです。せめて運動は寝る2時間前には終えることです。そうしないと眠りが浅くなってしまい、免疫力の低下や記憶力の低下になってあらわれます。

夢をみるレム睡眠のときは、今までは記憶の整理をしていると考えられてきました。しかし最近では、その仕事は深い眠りであるノンレム睡眠時になされていることがわかってきました。レム睡眠時には、むしろ体の記憶である手続き記憶の定着が関係しています。そのほか精神的なストレスを解消する効果もになっています。

レム睡眠は睡眠時間を長くしないと、不足してしまうので、最低でも6時間は睡眠をとりたいものです。
そうすれば精神的な疲労がいやされ、翌日の受験勉強へのモチベーションが回復してきます。

睡眠を削って勉強しても、気分が乗って調子がいいのは、その晩だけです。翌日以降は疲れがたまるだけで何の意味もなので注意しましょう。



■受験生の勉強方法の説明マニュアル
>> 勉強の説明書〜【合格保証付】2時間で正しい勉強法を身につける


■スイスイ英単語や歴史の年号を記憶できる秘訣とは?
>> 記憶術日本一の藤本憲幸氏が教える記憶術の極意! <<

後書き

勉強でストレスがたまることが一概にいけないのではありません。過度な緊張がマイナスなのです。「適度に」ストレスがかかる分には、かえってプラスになります。たとえば制限時間があったほうが、勉強で集中力を発揮できるのではないでしょうか?試験前には、適度なストレスを感じるからこそ、「よし!やろう」という気持ちになり、ふだんは発揮できないような集中力と記憶力を手にできます。人は、だらけた環境にあると、むしろ勉強がはかどらないということになり、その結果、ストレスを感じるものです。ストレスは強く感じすぎてもマイナスですが、なさすぎてもいけないということですね。試験前には、しぜんと緊張感が高まってくるので、勉強がはかどりますが、ふだんでも「適度な」緊張感を持続させる、良い方法はないものでしょうか?いろいろありますが、制限時間を設けて、タイムプレッシャーをかけるという対策があります。3時間だらだらと続けるよりも、勉強時間は1時間しかないと決めて集中したほうが、はかどるわけです。ストップウォッチではかるといいかもしれませんね。あるいは早朝の短い時間や夕食前の時間、そのほか細切れ時間に集中することもタイムプレッシャーとなり、締め切り効果を期待できます。
勉強のストレスに限らず何事でもそうですが、過度なストレスは記憶力を減退させ、適度なストレスは記憶力を増強させます。そのカギを握っているのが、扁桃体です。これは大脳辺縁系と言われる部分の一部で、感情の起こる元です。ここが適度なストレスを感じると、そばにあって「姉妹関係」にある、海馬が活性化。海馬は記憶力の管制塔ですから、ここが元気づけば記憶力が増大するという仕組みです。反対に扁桃体が過度なストレスを感じると、副腎皮質にあるストレスホルモンのコルチゾールが脳の海馬にダメージを与えます。結果として記憶力が低下することになります。
ストレスといっても諸刃の剣。要は使いようということですね。とにかくストレスを少なくするか、自分がストレスに慣れてしまうか・・・どちらかの対策を早急に取る必要があります。