右脳開発

右脳を開発するトレーニングをはじめよう!

右脳開発について述べるまえに、大前提となることを確認したいと思います。
大脳は中央にある大脳縦裂によって、左脳と右脳に分かたれています。左脳は論理的な思考や文字、言葉を担当しているのにたいして、右脳はイメージ、想像、直観といったものを担当しています。

その意味では、右脳は幼少のころのほうが優位であり、年齢とともに左脳が発達していくといえます。
右脳はイメージを司っているので、毎日に彩りをあたえ、楽しいものにしてくれます。それにたいして左脳は、論理的なことは得意なのですが、そればかりに偏っているとストレスがたまって、毎日を味気ないものにしてしまいます。

もちろん左脳だけとか右脳だけというように、どちらか片方だけを使う芸当など誰にもできません。中央では脳梁という連絡管によって、お互いにつねに連携しあっているからです。

受験生の勉強方法というと、テキストや教科書、受験参考書、過去問、単語帳などと向き合うことを余儀なくされます。つまり文字や文章、単語・・・こういったものばかりに接することになるわけです。冒頭で書いたように、文字や文章、言葉というものは左脳で処理しています。毎日、このような試験勉強ばかりをやっていると、どうしても左脳偏重になってしまい、気づいてみるとストレスがかなり溜まって、煮詰まってしまうということになりがちです。

もちろん受験勉強中であっても、英文や古文、現代文を読むときにイメージを使いますから、まったく右脳を使わないわけではないでしょう。しかし、どちらかというと左脳に偏った学習になります。右脳がさび付いている可能性があるわけですね。

そこで毎日、短時間でもいいので右脳を開発するトレーニングをすれば、眠っていた右脳の領域が活性化して、鍛えられます。人の脳というものは、放置していると鈍ってきて衰えますが、鍛えることによって脳細胞が増殖したり、連携が強化されるものです。これは筋肉トレーニングといっしょですね。
使えば発達し、使わなければ衰える・・・かんたんな原理です。


>> 実践凡人からのハイブリッド集中法とは?

右脳を鍛える効果的な方法とは?

右脳開発を毎日、短時間でも続けていくことによって、ふだんの高校受験や大学センター試験の勉強において、イメージ的な思考ができるようになります。たとえば数学において、数式をパッとみただけで、それを映像的に記憶するなどですね。ふだんは論理的に記憶したり、何度も繰り返して、ようやく暗記できるものです。でも右脳をトレーニングによって活性化すると、あたかも「写真記憶」のように、一瞬見ただけで脳裏に焼き付けることができるわけです。

もちろん右脳開発の訓練をしたからといって、すぐにこのようなことが可能になるわけではありません。
でもトレーニングしなければ、絶対にこのような記憶術は会得できません。トレーニングさえ続けていれば、いつかはそのような暗記法も可能になるかもしれない、ということです。

右脳開発のトレーニングにはいろいろありますが、私が考える方法を挙げてみます。

  • できるだけ左手を使う習慣をつける
  • 読書をする
  • 芸術作品を楽しむ
  • クラシック音楽を聴く

左手は右脳に直結し、右手は左脳に直結しています。なので右脳を開発しようと思えば、左手を重点的に使うようにすればいいわけです。左手を使う方法としては、左手で箸をもったり、文字を書く方法が考えられます。しかし箸を左手に持ち替えると、食事に支障がでるので、あまりお勧めはできません。そんなことをしていたら食事時間が延びてしまい、受験の勉強時間が減ってしまいます。

また今まで右手で文字を書いていた人が、左手に持ち替えて文字を書く練習をすると、言語を担当している脳の領域が混乱して、「吃音」を誘発する危険性も考えられます。いわゆる「どもり」ですね。ですから左手で書くトレーニングをするときは、文字や数字、漢字、ひらがなではなく、三角形とか丸などの「図形」や、「イラスト」を描く方が無難でしょう。

もちろん左手だけにこだわる必要はなく、右手と左手を両方一緒に動かしてもいいのです。
たとえばパソコンのブラインドタッチですね。勉強内容をエクセルにまとめたり、ブログにアップするだけで、右手だけではなく左手も使います。右利きの人がノートにまとめるときは、右手しか使いませんが、タイピングをするときは両方の手を使うので、右脳と左脳をバランスよくトレーニングすることができます。

頭頂葉にある体性感覚野では、左右の指からの情報を担当する領域がかなり広いので、右脳に関係している左手だけではなく、右手もいっしょに動かしたほうが脳力開発にはいいかもしれませんね。

読書をすればイメージ力が高まる

読書によって右脳開発ができると聞くと、読書だって文字や言葉を読むわけだから左脳じゃないの?と疑問に思うかたがいるかもしれません。もちろん言葉を読む限りは、左脳とは無縁ではいられません。

ここでいう読書とは、物語のようなものだと思ってください。
受験生のみなさんは、ふだん面白くもない教科書や受験参考書の「文字」や「記号」、「文章」ばかりを見ているでしょう。それは一部をのぞいて、論理力を要求されるので左脳が強く働いています。

「語呂合わせ」のように、無味乾燥な数式や、いろいろな事実からイメージがわけば勉強は面白いのですが、そのようなことは滅多にありません。むしろ「語呂合わせ」という「裏ワザ」があること自体、勉強というものはイメージがわきづらいのだと言えます。

同じ文章であっても物語文やエッセーだと、文字からイメージを広げなければなりません。そうしないと先を読み進められないからです。推理小説や世界的な大文学でもそうですね。映画やテレビのように、映像や音声を一方的に提供してくれないので、「自力で」イメージや想像をする必要があります。このときに右脳が強烈に刺激されて、右脳開発のトレーニングになるのです。

有酸素運動でも一定時間以上続けてこそ、脂肪燃焼の効果が現れるように、読書においても、5分とか10分で切り上げるのではなく、ある程度の時間(20分以上)、読み続けましょう。そのさいゆっくりと読むのではなく、できるだけスピーディーに読むことで、「イメージの瞬発力」を鍛えることができます。ゆっくり熟読してしまうと、細かい部分に目が行って左脳が優位になるので、できるだけ速読して、だいたいの内容を追っていくことが右脳開発のコツになります。

そのほか芸術作品、たとえば絵画とか骨董品を鑑賞したり、モーツァルトやシューベルト、ベートーベンといった作曲家のつくったクラシック音楽を堪能することも、右脳のトレーニングとしては有効です。
静止画を鑑賞すると、想像力が刺激されます。それにたいしてテレビやDVDなどの動画やゲームは、映像を提供してくれるので、そればかり観ていると右脳が鈍ってきます。読書であれ、絵画や写真(=静止画)であれ、自分で「想像」する余地があるもののほうが右脳が鍛えられるわけですね。

ただし、右脳を鍛えようと身構えて芸術を鑑賞するのはナンセンスです。右脳の特性自体が、そのような緊張とは無縁であり、リラックスと深く関係しているからです。気軽に、なんとなく、そして楽しむように芸術を鑑賞するのがよいでしょう。



■スイスイ英単語や歴史の年号を記憶できる秘訣とは?
>> 記憶術日本一の藤本憲幸氏が教える記憶術の極意! <<

後書き

右脳開発の方法として、そのほかにパズルやスマホの脳トレゲーム(アプリ)なども有効です。右脳を鍛えるDS速読術なんていうのも、ニンテンドーから出ていたりしますね。無料のソフトやプログラムもあったりします。幼児教室などでは、子供のころからトレーニングするところが増えています。右脳を鍛える効果は早いほど高いわけです。
右脳と左脳のどちらを優先するかは、一概には言えません。要はバランスではないでしょうか?どちらも重要ということです。受験生の勉強方法というと、論理的な文章を読むことが中心になりますが、そうなると「左脳偏重」となります。その場合は、右脳があまり使われていないので、右脳をトレーニングしましょう!となるわけです。そのいっぽうで左利きの人など、右脳に自信がある人は、できるだけ論理的な本を読んで、左脳を鍛えていきましょう、となるわけです。自分には、どちらの要素が足りないのか、それを認識してから、不足を補うためにトレーニングするのがよいでしょう。
自分は右脳と左脳のどちらが優位なタイプかを判断する方法は、いくつかあります。まず目の動きから判断できます。何かを考えるとき、右の方に目が動くと、左脳優位の論理的思考タイプです。反対に思考するときに、左の方に目が動く人は、イメージ優位の右脳タイプです。だれかに質問されたとき、目がどちらに動くのかを観察すれば、すぐに判定できます。そのほか夢をよく見るかどうかでも判断できます。夢をよく見る人や、起きた後も覚えている人は、右脳優位と判断できます。反対に、夢をあまり見ないとか、起きた後に忘れているという人は左脳が優位と考えられます。ただ、これはあくまで判断の目安にすぎません。完全に右脳人間だとか左脳人間だとかいう立て分けは存在しないので、どちらのほうが多少は優位か、程度に考えましょう。
そのほか右脳の脳トレとしては、そろばんを習ったり、絵を描いたり、音楽を演奏したりということも有効です。本文では、芸術作品を鑑賞することが右脳によいと述べましたが、自分が当事者となってみるわけです。自分が油絵を描いてみたり、鉛筆でデッサンをしてみたり、塗り絵をしてみたり・・・。このとき左手で描くようにすれば、最高の右脳開発になるかもしれません。そのほかクラシック音楽を左耳だけで聴くなんていうのも、面白いかもしれませんよ。左耳は右脳に直結しているからです。そのほかジャグリングとか、マジックのコインを左手で操ってみるとかもいいかもしれません。テレビを観ているときに、健身球やクルミのようなグッズを、左手でもてあそぶだけでも有効だと思います。テレビの画面をただボーッと眺めている時というのは、脳がほとんど働いていないので脳力の低下につながりがちです。認知症(ボケ)の原因ともなりかねません。でも、左手に健身球などを持ち、くるくる回すだけで、テレビを観ている時間が、一転して脳力開発タイムになるというわけです。この場合も、左手だけではなく両手に握って行なってもよいのです。